実写版『美少女戦士セーラームーン』ファンブログ


最新記事〕 〔過去記事〕 〔サイト説明〕 〔管理人

小松彩夏の微笑

【第744回】つたなく はかなげな こんな想いも 未来でうまれかわる の巻(小松彩夏「花火カフェ」)

すごいもんを観ちゃった。俳優で脚本家でユーチューバーの宏洋(ひろし)が制作・脚本・監督・主演の四役をつとめる映画『グレー・ゾーン』である。やくざの親分の娘に拾われたチンピラが、親分暗殺後の騒動にかかわっていくアクション・コメディとのことで…

【第743回】聖夜に小松が微笑んだの巻(『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第39話)

どちらさまにおかれましても、2019年もお世話になりました。これが本年最後の更新となります。 今年は新年早々ブログの引っ越し(「はてなダイアリー」サービス終了に伴う「はてなブログ」への移行」という、個人的には大仕事があった。その際カテゴリの再編…

【第719回】渋めのゲストで有終の美、の巻(小松彩夏『白衣の戦士』第9話&第10話)

『白衣の戦士』最終回の視聴率は、なんと第1話に次ぐ9.6%だそうだ。よかったよかった。 (第1話〜第5話視聴率)10.3%→9.3%→9.3%→8.4%→8.3%(第6話~第10話視聴率)7.2%→7.7%→8.4%→8.6%→9.6% 最終回で2ケタに戻るという理想のV字までには僅差で至らなかったが…

【第718回】名医か薮か安田顕!の巻(小松彩夏『白衣の戦士』第8話)

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」(2019年5月5日)終わり近く、トドロキさん(川口真五)の「おれも弟子を取ってみるか。日菜佳さんに相談しよう」というセリフ。みんなも泣いたし私も泣いた。ネットにはあっという間に…

【第717回】鈴木紗理奈のシングルマザー看護師奮闘記の巻(小松彩夏『白衣の戦士』第7話)

1. 脱力婚 前回に続き『全力!脱力タイムズ』より。2018年8月17日放送回で共演された山里亮太さんと蒼井優さん。 しかし6月6日木曜日の『おはスタ』には驚いた。いきなり冒頭で「おはスタ婚おめでとう!」だもの。なるほど確かに、南海キャンディーズの山里…

【第716回】右も左も恋バナの巻(小松彩夏『白衣の戦士』第6話)

1. 蛇喰夢子の近況 数回にわたって続けて来た『映画 賭ケグルイ』興行レポも、そろそろ潮時かな。第4週目がランキング13位で、第5週目はたぶん17位。5月末日の時点で興行収入はトータル3億2千万円。名古屋支部が勝手に「大成功!」の目安として設定した5億円…

【第715回】帰ってきたゲス不倫の巻(小松彩夏『白衣の戦士』第5話)

前回お祝いを言わせていただいた後、何かちょっとごたごたしているらしい川栄李奈さんだが、『家政夫のミタゾノ』第6話のメイド服姿は可愛かったです。 話変わって『映画 賭ケグルイ』は3回目の週末が9位、興収2億8000万円は越えたが3億にはちょっと届かなか…

【第714回】マスター、ソムリエとなるの巻

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第1話(2019年3月17日放送)に登場してその回のうちに玉砕したマスターレッド(黄川田将也)、マスターブルー(渋江譲二)。マスターピンク(沢井美優)の三人であるが、あんのじょう第6話(2019年4月21日放送)の回想シーン…

【第712回】不安もあるし悔やみもしますの巻(小松彩夏『白衣の戦士!』第3話)

『賭ケグルイ Season2』は第4話を終えて、えっ次がもう最終回? 第1シーズンは全10話だったけど、今度は5話プラス劇場版という『咲 -Saki-』と同じ構成なのだ。なんか去年と話のテンポが違うなあと思ったら、そういうことだったのか。今シーズンは松田るかが…

【第711回】今週も水川あさみファンクラブ協賛の巻(泉里香『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第10話/小松彩夏『白衣の戦士!』第2話)

『映画 賭ケグルイ』は2019年5月3日東宝系135スクリーンで全国公開。『咲 -Saki-』と同じ規模か、もしくはもうちょい拡大されている。『咲 -Saki-』の劇場も正直けっこう空席が多かったが、大丈夫なのか?いや大丈夫にするんだ! ドラマ版のほうは、TBSとMBS…

【第710回】水川あさみスペシャル!の巻(泉里香『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第6話・第7話/小松彩夏『白衣の戦士!』第1話)

『賭ケグルイ Season2』は第2話も快調。前シーズンはだいたいひとつの賭けごとが2話で完結するので、浜辺美波は全10話で5人と対戦したけれど(森川葵、松田るか、岡本夏美、矢本悠馬、柳美稀)今回は、最初の対戦相手である乃木坂46の松村沙友里と、2話を終…

【第276回】本日またまたギブアップの巻(『夏の恋は虹色に輝く』篇)

小松彩夏さまご出演、月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』は無事終了。お疲れ様でした。 これまでずっと、家族が寝静まってから「小松さん、どうだったかな」と(時間もないので)録画を飛ばし飛ばし観ていた。ドラマの鑑賞の仕方としてたいへん邪道である。私…

【第270回】すまんなお盆も小ネタ集の巻

残難ながら参加できませんが、告知だけ。清浦夏実、20歳の夏のライブが8月18日(水)13時30分よりあるそうです。場所は日テレRESORT@seazoo(神奈川県逗子海岸東側)。なんか夏って感じだね。 清浦さんはアルバムデビューしたばかりなのでタマ数はやや少ない…

【第269回】夏バテを小ネタでかわすお盆前の巻

Kyoroさんはこういう衣装をオークションでゲットしたのかなあ。あっ長袖だったか。 さて。 夏が暑いのは当たり前だけど、しかし暑いね。どうも夏バテであります。 なので今週は手抜きをして小ネタ集。 1. 「夏の恋は虹色に輝く」第3話 今シーズンのフジテレ…

【第268回】小松彩夏生誕24周年記念「彩夏祭」特別付録『子ほめ』の巻

『夏の恋は虹色に輝く』第2話より、小林星蘭さん。この人は月曜日のドラマでは竹内結子の娘役で、彼女の通う学校には小松彩夏先生がいる。そして土曜日になると『ズームイン・サタデー』のズムサタ行列特捜隊隊長をつとめるが、隊員には安座間美優がいる。つ…

【第267回】小松彩夏降誕24周年記念ムービーレビュー『僕は妹に恋をする』の巻

暑いですね。そして夏休みファミリーミュージカル『白雪姫』三越劇場公演も千秋楽ですね。でも私は名古屋で、塾の特別プログラムに行く娘を送り迎えしたり、息子と一緒に夏の恒例、ウルトラマンライブを観に行ったりしています。 薦めもしないのに自分から高…

【第214回】箸休めで雑談の巻

今年の正月は病院で年越しをした。その後、母は春さきに退院して、現在は自宅療養中である。 日ごろ付き添いとかロクにしていないもんだから、この夏はちょっと長めにお盆休みをいただいて、母のそばにいることにした。というわけで現在、実家に帰省中である…

【第212回】小松彩夏降誕23周年記念 StreamKatoプレゼンツ全劇場公開映画リストの巻

解散だ。総選挙だ。ジュピターカラーの美人すぎる候補に清き一票だ。 いないかな、こんな候補。得意の牛歩戦術と癒し系の才能で、意外な交渉手腕を発揮する。 いや今日はこの人じゃないんだ。 オムニバス映画『恋文日和』の第2話「雪に咲く花」は、宮下千雪…

【第159回】小松彩夏さまご生誕22周年記念特別企画『アンラッキー・デイズ』DVDレビューの巻

万丈。以前の記事に書いたように、2008年7月20日(日)、愛知厚生年金会館に劇団東少のファミリーミュージカル『人魚姫』がやって来たので、息子を連れて観に行って来た。別に沢井美優や松下萌子が出るわけではないんだが、万丈さんも遠方からお越しと聞いた…

【第109回】数えきれないコマツをあなたの手に、の巻(小松彩夏)

まいったよ。小松みどりのこととか考えていたら、本日未明に自宅のハードディスクがクラッシュだ。原因はまだ分からない。かろうじてサルベージしたファイルから、今回の日記の話のマクラにしようと思って、ちょこっと書きとめておいたネタだけふくらませて…

【第101回】502号室記念レビュー『マスター・オブ・サンダー』(第4回)

小松彩夏さんのお誕生日を祝って始めたこの映画感想メモも、小松彩夏がほとんど出てこないままいよいよ最終回だ。ところで、記念イベント「502号室」に参加されたぽんたさんのレポートを読んで気になったのが、会場で出たという「コマツランチ」だ 。どうい…

【第100回】502号室記念レビュー『マスター・オブ・サンダー』(第3回)

今回の記事を書きながら『マスター・オブ・サンダー』の公式ホームページをながめていたら「日本のアクション映画界を代表する千葉真一、倉田保昭の本格的初競演と、木下あゆ美、椿隆之ら特撮・戦隊もので活躍するヒーロー&ヒロイン、そして小松彩夏などグ…

【第99回】502号室記念レビュー『マスター・オブ・サンダー』(第2回)

(前回から続く) 姫の誕生日を祝うために書き始めたレビューであったが、先の土曜日に「前編」をアップした後も勢いが止まらなくなって、引き続き、思いついたシーンから順不同で記事を書き続けた。そして日曜日の晩には、もう前・後編2回でも収まらない分…

【第98回】502号室記念レビュー『マスター・オブ・サンダー』(第1回)

マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝 [DVD] 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント 発売日: 2007/01/26 メディア: DVD クリック: 29回 この商品を含むブログ (15件) を見る 「景子と言えばやはり竹下景子(愛知県出身)」というのは、…

【第64回】<2007年沢井美優需要拡張プロジェクト第1案>ネズミネコをねらえ!の巻

ちょっと前にM14さんのところで失敗したばかりなのに、またやってしまった。この記事、昨晩は「たまらを救え」なんてタイトルだったんです。たまらさんがたまおになったりtamaraになったりする変幻自在ぶりが楽しくて、ここんとこ色々とイジらせてもらっちゃ…

【第27回】関西支部との初共同企画、しかし相手はそのことを知らないの巻(『マスター・オブ・サンダー』)

最初に断っておきますが、今日の日記はぜんぜんセーラームーンじゃありませんから。それから、現在「小松彩夏学校」参加レポートで我々を楽しませてくれている『ぽんたのエスティマ日記』との初のコラボレーションでもある。ということでぽんたさんよろしく…