実写版『美少女戦士セーラームーン』ファンブログ


最新記事〕 〔過去記事〕 〔サイト説明〕 〔管理人

PGSM研究所

【第756回】アバン・タイトル再考の巻

2015年に日本レコード大賞新人賞を獲った「こぶしファクトリー」が、2020年3月末日をもって5年にわたる活動に終止符を打った。 数年前の相次ぐメンバー脱退をバネに、残った5人がむしろいっそう結束を固めて作り上げた息の合ったボーカルパフォーマンスは、…

【第596回】年末Special Act.34台本紹介の巻

3年前のセラミュ復活第1弾『ミュージカル 美少女戦士セーラームーン La Reconquista ─』(2013年)より、月の王国シルバー・ミレニアムの女王クイーンセレニティ(ジェイミー夏樹)。前世におけるうさぎの母親を生身の人間が演じたのは、バンダイ版セラミュ…

【第480回】お盆恒例、台本まつり:Act.5の巻

『美少女戦士セーラームーン -Petite Étrangère-』 脚本・演出:平光琢也 2014年8月21日(木)〜31日(日):AiiA Theater Tokyo (アイア シアタートーキョー) 2014年9月5日(金)〜7日(日):梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 詳細はここ LIPS*S公演「天地流転…

【第435回】夏の終わりの撮影台本まつり:Act.16の巻

さあ今回の台本はAct16だ。いきなり書き出しが「ホテルのうさぎと衛」だぞ。 大きな変更点として山本ひこえもんの登場があることは前回書いたが、あと主要なポイントは、この台本のもとのオーナーであるM14さんが7年前にブログにまとめている(ここ)。でも…

【第431回】夏の撮影台本まつり:Act.15の巻

暑いですね。 こんな暑い日はホラー映画でも観て涼しく過ごしましょうか、なんて言いたかったけど、鶴田法男監督・小松彩夏主演の『トーク・トゥ・ザ・デッド』は、そう簡単には拝めないプレミア作品だ。名古屋に来るのは8月24日、駅西シネマスコーレで一週…

【第314回】これが実写版Act.1 撮影台本だ!の巻

浜岡原発。一説によれば活断層が直下にあって、ご覧の通り海に近くて、なんか津波にも弱そう。 「原子力発電をやめたら生活に支障をきたす」という意見もあれば「いやそれなりに節電すればなんとかなる。計画停電なんていうのは、政府と東電の示威行為だ」と…

【第310回】実写版Act.8 撮影台本全部公開の巻

以下に紹介するのは、実写版Act.8の撮影に使われた本物の台本です。 東映の関係者でもない私がなぜこれを所有しているかというと、こういう台本のたぐいが、ネットのオークションにしばしば出品されるのである。といっても3年前にこれを落札したのは私ではな…

【第185回】新春企画第2弾:Final Act 撮影台本ぜんぶ公開の巻

実写版台本まるごと紹介、前回のAct. 48に引き続き、今回はいよいよFinal Actだ。念のために改めて説明しますが、これは実写版の撮影に使われた本物の台本である。 ご存じの方はご存じの通り、ネットのオークションにはしばしばこういう、映画やドラマやアニ…

【第184回】新春お年玉企画:これがAct.48撮影台本だ!の巻

賀春 コメント欄では何度か書いたけど、本文記事ではまだでした。改めまして、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 今年はわけあって病院で年を越すことになったんだけど、入院患者の付き添いって、意外とヒマだ。でも何かを…

【第152回】どうしようもなくエピソード一覧表の巻

今週末も沢井さんのイベントですね。私は、なんか急な仕事とかも増えてねえ、もうこの週末は、自分のブログの記事を書けないのはもちろん、ブログをやっているみなさんのところを、きちんと巡回することもできていません。あ、でもikidomariさんが久々に更新…

【第124回】たゆまず更新を続ける『M14の追憶』に「待ちなさい!」の巻

double rainbow アーティスト: 弓原七海,meg rock 出版社/メーカー: asu-one entertainment 発売日: 2007/12/21 メディア: CD クリック: 10回 この商品を含むブログ (7件) を見る みんなー、『キラリ☆セーラードリーム』を歌っていたお姉さんの、最新CDが出…

【第43回】アバン・タイトルのナレーションに関する番外編の巻

「また来週」なんて前回の日記に書いちゃいましたが、補足です。というか、だいぶ前に作った資料にちょっと手をいれて蔵出しする。 前回、Act.27のレビューでは、まずアバン・タイトルにおけるうさぎちゃんのナレーションを紹介してみた。なんとなくそうした…