実写版『美少女戦士セーラームーン』ファンブログ


最新記事〕 〔過去記事〕 〔サイト説明〕 〔管理人

あの人この仕事

【第757回】『隕石家族』序章の巻

みなさんお元気ですか? 私は一握りの人しか出て来ない職場で、連日特別チームの会議をやりながら、合間にいろんな対応メールや書類の作成をやってはチェックし合っている。そんなの在宅でできるじゃん、とか言われそうだが、やっぱり直接コミュニケーション…

【第750回】庶務行員とその他詰め合わせの巻(安座間美優)

1. 呪いのドラマ再び 浜辺美波さんのさわやかな入浴シーンが功を奏してか(どういう意味だよ)『アリバイ崩し承ります』の視聴率が好調だという。といっても5%とかそんなもんだが、確かに深夜帯のドラマとしては健闘している。でもファンとしては正直あまり…

新年のごあいさつ

賀 春 明けましておめでとうございます。そして毎年のことながらNakoさんお誕生日おめでとう。だいじょうぶ、何歳になられましたか? とか聞かないから。 今年はもう、ただただボーッとしているだけの正月なので(いつもそうか)これというネタもない。遅れ…

【第737回】渋江譲二の声を味わう、の巻(『ピュア』第3話)

映画『Dear Friends』(2007年)より、どんな髪形でも似合う北川景子さん。 女優の北川景子が、2018年に『第159回直木三十五賞』を受賞し、映画化が決まった島本理生氏の小説『ファーストラヴ』で主演を務めることが、発表になった。北川は同作で演じる真壁…

【第734回】現世はバーのマスターの巻(松本・渋江・沢井)

乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019ビデオソフト発売情報(Blu-ray and DVD)【発売日】2020年4月11日(土)【価格】Blu-ray:7,800円+税、DVD:6,800円+税【収録内容】本編1枚+特典映像1枚 1. 松本博之in『ボイス 110 緊急司令室…

【第714回】マスター、ソムリエとなるの巻

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第1話(2019年3月17日放送)に登場してその回のうちに玉砕したマスターレッド(黄川田将也)、マスターブルー(渋江譲二)。マスターピンク(沢井美優)の三人であるが、あんのじょう第6話(2019年4月21日放送)の回想シーン…

【第701回】雑談しながら2月に突入、の巻

およそ1年ほど前、2017年の大晦日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』が浜田雅功に『ビバリーヒルズ・コップ』のエディ・マーフィーの扮装をさせたとき、リアリズムを重視して本物そっくりに肌の色を再現したことが人種差別だとして国際的な非難を…

【第691回】桃子もルナも登場の巻(TWEEDEES「DELICIOUS」『痛快TVスカッとジャパン』『文学処女』)

パリで行なわれるセーラームーンレビューのキャストが、現地にお目見えしてフォトセッションをやったそうだ。外国のコスプレイヤーにも、時おり息を呑むほど美しいお方達はいるが、やはり本場は違う!と言われるよう頑張ってください。 セーラームーン/月野…

【第690回】再び里香・里香・景子の巻(『SUITS』『文学処女』『指定弁護士』)

元セーラーマーズの七木奏音が真っ赤な赤血球を演じる舞台『体内活劇 はたらく細胞』は、2018年11月16日(金)から2018年11月25日(日)まで北千住のシアター1010(センジュ)で公演。演出はきだつよし。特撮ファンに紹介は不要だろうが、セーラームーン関係…

【第689回】里香・里香・景子の巻(『SUITS』『文学処女』『指定弁護士』)

2013年から2015年までセーラームーンミュージカルを務めた大久保聡美たちが卒業し、ネルケ版の内部5戦士が刷新されたのは2016年5月のこと。マーキュリーはすでに松浦雅(2013)→小山百代(2014・2015)と代替わりがあったので、三代目ということになったが…

【第688回】指定弁護士始動の巻(北川景子『指定弁護士』/泉里香『文学処女』)

東宝のトップスター司葉子さん そのうちネタがない時にでも使おうと思っていたら、もう一年以上過ぎて、使いようがなくなった古い話。『君の膵臓を食べたい』のヒットを受けて『日刊スポーツ』が浜辺美波にインタビューしたときの記事。目標の女優は誰かと聞…

【第687回】早くも前言撤回の巻(北川景子『指定弁護士』/泉里香『文学処女』)

最近アニメ化された『はたらく細胞』という体内擬人化漫画が、今度は舞台化されるんだそうで、ネルケ版セラミュ初代セーラーマーズの七木奏音が「赤血球」の役を演じるという。何にせよ、奏音が赤いコスチュームで美脚を披露する姿が見られるのは良いことで…

【第686回】約束の地をめざして、の巻:その1(北川景子『指定弁護士』序論)

中日ドラゴンズ岩瀬投手、1000試合登板達成おめでとうございます。なんて、野球の話題なんて書くの何年ぶりだろうか。ブログ開設当初は、野球中継いかんで深夜の実写版再放送が早朝までずれ込んだりするので、けっこう真剣な話題だった。 そんなスポーツ音痴…

【第685回】岬マリは何を賭けたか?<その9>(北川景子『探偵はBARにいる3』最終回)

2018年秋の乃木坂46版セーラームーンミュージカルも大詰め、ダブルキャストそれぞれの千秋楽公演ライブビューイングが全国の映画館で行なわれるわけだが、チケットは一般予約の発売日、当日のうちに売り切れた。ふつうセラミュはそんなに即完売ということも…

【第683回】岬マリは何を賭けたか?<その8>(北川景子『探偵はBARにいる3』)

私けっこう好きだったドラマ『喰いタン』(2006年)の東山紀之と須賀健太と小池里奈。子どもの成長って早いよね。 武内直子先生いわく、タキシード仮面のモデルは東山紀之である……ということは以前にも書いたが、武内先生がどこで言っていたか気になって、さ…

【第678回】猛暑に働くみなさんの巻(北川景子・安座間美優・泉里香・渋江譲二)

名古屋、夏の恒例行事「世界コスプレサミット2018」は炎天下の中クライマックスであった。みんな無事だったか? 今年は何組のセーラー戦士が登場したのだろう。 ところで11月2日公開予定の北川さん×中田秀夫監督の新作『スマホを落としただけなのに』って、…

【第317回】小ネタのつもりが延長戦の巻:完結編(ウルトラマンプレミア2011)

矢沢あいの漫画『Paradise Kiss』のヒロイン、早坂紫(キャロライン)。 原作本が手もとにないので記憶をたよりに書くが、確か身長170cmのすらっとした肢体で、素人とはいえ、身体的にはかなりモデルの素質に恵まれているように見えた。 私はいろいろと思い…

【第316回】小ネタのつもりが延長戦の巻(仮面ライダーOOO)

咲 「口では分かったようなことを言いながら、私はずっと心の底で望んでおりました。“先生がお戻りになる日など来なければ良い。できるなら、ずっとここにいて欲しい”と。もしや、そんな私を哀れと思い、願いをお聞き届けくださったのでしょうか。なれば、ど…

【第302回】これは何の同窓会だ?の巻:沢井美優&松本博之in『警視庁心理捜査官 明日香』

1. 「世界初の1620万画素」にミサオを立てる女 Mac Mac Mac VAIO VAIO CPSは基本的にMac仕様なんだが、香月だけが頑固にVAIO。どうしてか、M14さんのこの記事を読んだ人ならすぐ答えられるよね。何しろいま、彼女は、世界初の1620万画素を誇るソニー・エリク…

【第270回】すまんなお盆も小ネタ集の巻

残難ながら参加できませんが、告知だけ。清浦夏実、20歳の夏のライブが8月18日(水)13時30分よりあるそうです。場所は日テレRESORT@seazoo(神奈川県逗子海岸東側)。なんか夏って感じだね。 清浦さんはアルバムデビューしたばかりなのでタマ数はやや少ない…

【第250回】清浦夏実ファーストライブ「十九色」@下北沢ガーデンの巻

イレギュラーな更新になるが、やはりこういう内容の記事は、記憶が鮮明なうちに書いておくべきだ。午後8時ごろにライブが終了し、12時近くに名古屋の自宅に帰り着いてから徹夜、翌日も遅い帰宅のあとで、頑張って書きました。 前口上 セカンドシングル『旅の…

【第247回】久しぶりです2010年春の小ネタ祭りの巻

そして10年の歳月が。人生いろいろ 『筆談ホステス』レビューが終わって、Act.6レビューの締めくくりに戻らなきゃいけない。いや、その前に、火野家の信仰問題もあったな、とか考えていたんだけど、ここらで一息ついて、今回は頭を使わず小ネタ集でいきたい…

【第244回】ちょうど十九の春でしたの巻(清浦夏実1stアルバム『十九色』)

越智千恵子「旦那さん弁当」2010年2月24日刊 出版社 SDP/ISBN 4903620727/定価1,050円 越智(旧姓:河辺)千恵子さんにおかれましてはお誕生日おめでとうございます。元気な赤ちゃんが生まれますよう、お祈りしております。でもこの本に付録として新曲CDや…

【第241回】影武者VS影武者の巻(侍戦隊シンケンジャー第12幕)

1. ただのイントロのつもりがまた…… この記事をみなさんが目にする頃には、もう大団円を迎えているだろうけど、『侍戦隊シンケンジャー』は期待通り面白かったね。 なんといっても、我らが小林靖子が、あの『未来戦隊タイムレンジャー』(2000年)以来、ほと…

【第229回】小枝&弓原七海ディスコグラフィ:彼女のためにできることの巻

先週は海外出張につき更新を失礼しました。今年が建国60周年で、総面積が世界第3位の国へ行っていたんだがどこだっけ、と思っていたら、テレビで多岐川華子さんが、それはヨーロッパです、とおっしゃっていた。ふうん。今ヨーロッパは中華料理がけっこううま…

【第203回】読書レビュー:白倉伸一郎『ヒーローと正義』の巻(後編)

1. また余談なんだけど、今いちばんホットなあの人の話 昨年暮れの北川ブログにこんなことが書いてあった。 どうやら今は邦画が熱いようなので、プライベートでは洋画フリークの私も 時代に乗り遅れないように最近はちょこちょこ邦画も見るようになりました…

【第202回】読書レビュー:白倉伸一郎『ヒーローと正義』の巻(中編)

前回、北川さんの次の映画についていろいろ憶測を書いたお陰で、次の次の作品についても、信頼性の高い情報が入ってきた。Nakoさんありがとうございます。するってえことは、時代劇が春休み、現代劇がゴールデンウィーク公開か?ま、ともかく、前回の分と併…

【第200回】読書レビュー:白倉伸一郎『ヒーローと正義』の巻(前編)

今回の内容は地味になりそうなので、とりあえず景気づけに画像を一枚、貼っておく。 遅ればせながら、千葉県に新知事誕生、おめでとうございます。お祝いに東宝映画『惑星大戦争』(1977年、福田純監督)より。宇宙船「轟天」のパイロット森田健作(当時28歳…

【第195回】弓原七海ファーストアルバム『Seventh Sea』リリースパーティーの巻

1. 弓原さんと私 先週の日曜日といえば3月22日、3月22日といえば、ぽんたさんの誕生日であった。おくればせながらおめでとうございます。 いや今日はその話ではなかった。3月22日に名古屋の金山で弓原七海のライブがあったんですよ。 この前、彼女を観たのは…

【第192回】河辺千恵子さんお誕生日記念企画<CK's Discography>の巻(後編)

まさか本人に、しかもここまでキッチリと決着をつけていただけるとは思っていなかった。「北川景子は左利き?」問題のことだ。記念に整理しておくけど、このブログがこの問題を取りあげたのがここで、北川ブログにサウスポー写真が載ったのがここ、Nakoさん…